×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スポンサードリンク

キャッツクローのポイント

6種類のアルカロイド
(1)イソテロポディン(2) テロポディン(3)イソミトラフィリン(4)ミトラフィリン(5)イソリンコフィリン(6) リンコフィリン
鎮痛作用
リウマチ、腰痛、関節炎、肩こり、膝痛、神経痛、痛風などあらゆる痛みの緩和する作用があります。
免疫力向上
イソテロポディンは、キャッツクローに特異的に見られ、免疫力を増強する物質として知られています。イソテロポディン以外のテロポディン、イソミトラフィン、イソリンコフェリンらのアルカロイドも人間体内の免疫組織の貪食作用を促し体に進入した細菌等を繁殖させない働きを高める作用を持っています。

スポンサードリンク

キャッツクローについて

カフェインがきく
WHO(世界保健機構)でも副作用のない薬用植物と認定され、免疫強化、消炎、鎮痛などの作用に注目されています。アルカロイドを…
キャッツクローって何?
学名ウンカリア・トメントーサというつる性の樹木で、南米のジャングルに自生していますが、葉の付け根についている大きなとげが猫の爪に似ているので英語でキャッツクロー(猫の爪)と呼ばれています。古代インカの先住民は、この木の樹皮を煎じて飲むことによって痛みをはじめとして種々の症状が緩和されることを…
アルカロイドに含まれる
キャッツクローは何世紀もの間、原住のペルー人によって使用されています。 内側の樹皮は、アルカロイドとして知られているユニークな活性成分を含みます。そのアルカロイドは免疫システムをサポートするとされています。

1 2 3 4 5

スポンサードリンク